教員適性100%の男が自ら教師を退職し、転職した会社で教師でも使える仕事術を身につけた物語

これは…

教師は授業力が一番大事
と信じ続け、


「教師になる」という夢を
持ち続けた男が

授業準備以外の雑務に忙殺され、
理想の働き方ができない
という葛藤から教師を退職し、

転職した会社で
『教師でも使える仕事術』になった物語

効率的な働き方を見つけることができずに
私生活のすべてを犠牲にして仕事をしていた凡人が

新しい環境で
教師の仕事でも使える有益な仕事術
を身に着け、

たった3ヶ月で
理想の働き方を掴むことができた

人生激変のストーリーです。

この話は教員生活5年と
会社員歴半年の私の実体験です。

教員になって3年弱、
毎日の業務で手いっぱい

ただ目の前の業務を
こなすことしかできていない

自分は教師として成長できているのか不安
感じた人は最後まで読んでほしいですし、

過去の私と同じように、
悩んでいる人に勇気を与えたいと思って
ブログを書くことにしました。

そのため、
「変わらない日々のほうが楽だな」
「現状の働き方に満足しているから必要ない」

そういった人は
時間の無駄になってしまうため
ここでブログを閉じていただいて
構いません。

それでは、
私の身に何があったのかと

軽い自己紹介から始めたいと思います!


ぺぬい

はじめまして!
ぺぬい(@penui_worklife)
です。

ブログを書いている現在は28歳

創業したばかりの社員15人の会社で
働いています。

現在は会社員を続けながら

・効率のいい働き方が知りたい
・授業が上手くなりたい
・定時退勤して、プライベートの時間も
 充実させたい
・教師として成長を感じたい

そう考えている人の助けに
なればと思い、発信をしています。

こんな私ですが、1年前までは
どこにでもいるような
平凡な高校の先生でした。
(専門教科は数学です!)

子どもの頃から憧れていた「教師」という仕事。

生徒の成長を間近で感じながら
働けるなんて、自分にとって
天職に違いない!

そのくらい「教師」として働くことを
目標にしていた私が
なぜ教師という安泰な仕事を捨てて

安定とは程遠い
スタートアップの会社で
仕事術を身につけることができたのか?

全てをここでお伝えします!

私は子どもの頃から教師になることに
ずっと憧れを抱いていました。

周りから言われる評価は
優しくて、真面目な優等生

悪く言えば、周りの評価を
気にして自分の気持ちを抑え込む
おもしろくないやつ

教員を目指した理由は

・教えるのが好き
・学校生活が楽しかった
・一番身近にあった職業だから

教室

中学校、高校時代も
その夢が変わることはなく、
やりたいことは教師一筋!

自分が教師以外の仕事をするなんて
一瞬でも考えたことがなかった。

高校卒業後は
地元の国公立大の教育学部に進学。

教員養成大学なので、
周りも私と同じ教師を目指す人ばかり。

教師を目指していた私にとっては
最高の環境だったと思います。

野外活動のボランティアサークルに入り、
たくさんの子どもに笑顔と感動
届けてきました。

当時の写真

他にも塾や家庭教師のバイトで
中学生、高校生に勉強を教えたり、

小学校のボランティアで
放課後や土曜日の学童で
子どもとたわむれていました笑

1週間の中で、
子どもと関わっていない日の方が
少ないんじゃないかってくらい
生活に浸透していましたね。

教育実習は
大学3年生のときに小学校、
大学4年生のときに中学校へ。

当時の写真

小学校、中学校、高校…、

校種は最後まで悩みましたが、
もともと教えるのが好きだったので
得意な数学を授業で教えることができる
高校の数学で受験をしました。

教員採用試験にも一発合格し、
大学卒業後はすぐに
念願の高校の教師として
働くことができたのです!

ついこの前の3月までは大学生だったのに、
4月になっていきなり高校1年生の副担任…

生徒とのコミュニケーションは
最初緊張しましたが、

それでも生徒の成長を
間近でみることができる。

憧れの仕事にも就けて、
やりがいもあって楽しい!

教師になって本当によかった!

このまま一生教員として
生きていくんだろうな。

そう信じて疑わなかった。

しかし、ただ1つだけ、
不安なことがあったのです。

それは

やりがいをはるかに
上回るほどの業務量

教員1年目は野球部の顧問を任され、
土日を返上して部活の引率。

年配の「お荷物」と呼ばれている先生が
「若いうちに色々と経験しろ!」
と言って、面倒な仕事を押し付けてくるので
どんどん書類は山積みに…。

副担任でしたが、
担任が出張が多いことがあり
実質担任のような役割に。

さらに担当クラスや部活でいじめが発生し、
生徒や保護者対応で夜遅くまで
学校に残らないといけない。

そんなことがあっても
平日は毎日授業があるので、
夜中や土日に仕事をして
なんとか遅れを
取り戻さないといけない。

3年目になって
多少仕事には慣れてきましたが、
遅くまで残業したり、
土日に出勤しないといけない状態は
改善されませんでした。

授業の準備をしたいのに
他の雑務に追われてどんどん後回し…。

私自身の働き方が悪い…」

「要領が悪いから上手くいかないんだ…」

そう思い込んでいました。

しかし、
教師以外の社会人の働き方を
知らない私にとって

『効率よく仕事をする』ことが
どういうことなのか、
全く理解することができませんでした。

「このままじゃダメだ!」

仕事の改善の仕方を何か学ばないと!
と考え、効率的な働き方の本を読んだり、
教員向けのセミナーに参加したりして

有益であるはずの仕事術を
片っ端から頭に入れました。

しかし、学んだことを
実践してみようとしても

自分の目の前で起きている問題に
落とし込むことができず
学んだことが右から左に抜けていく…。

「仕事には優先順位が大切です」

それはわかっているけど、
つけ方もわからないし、

つけたとしてもいつも
急な仕事がふりかかってきて、
全然予定通り進まない。

「授業スキルをもっと上げればいいんだ!」

今度は不安から逃れるように、
授業力を上げるテクニックが
書かれた本を読んだり、

教科研究会に参加して他校の先生の
ありがたそうな話を聞いたりしていました。

「学んだ」という満足感はあったのですが、
大きな問題があったのです。

それは、

そもそも授業の準備に
時間をかけることができない

ということです。

せっかく学んだことを活かしたいのに、
部活や分掌、急なトラブルなどに追われて
授業の準備をすることができません。

休日に出勤して、
最低限で間に合わせることが精一杯です。

結局どれだけ学んでも、現状の働き方が
改善されることはありませんでした。

「こんなに頑張っているのに、
 自分は
全く教師として
 成長できていない…。」

「このままだと自分もいずれ『お荷物』と
 裏で若手に言われてしまう…。」

「本当はもっと授業準備に時間をかけたいのに、
 ただこなすことが目的になってしまっている…。

悩みは解決するどころか深まる一方。

そして、目の前の仕事に忙殺される毎日。

職場ではアドレナリンが
出ているので、生徒や同僚に
辛い表情は見せることなく
働けていたのですが、

仕事が終わって
家に帰ったらスイッチが切れて
ご飯もお風呂も済ませず
泥のように眠る毎日…。

そんな中でも
数少ない休みの日や
スキマ時間を見つけては

現状を変えるための努力を
勉強していました。

ですが、
もちろん変化は感じない。

「このままだと、
あっという間に毎日が過ぎていまう…。」

ずっと
漠然とした不安を抱えていました。

辛くて苦しくて…。

小手先のノウハウを
身につけることはできても
根本の働き方が改善されることはない。

仕事が終わらないのなら、
自分の時間を犠牲にすればいい。

自分自身の仕事に対する考え方を
変えることはできませんでした。

そんな毎日が続き、
5年目が終わる頃には
次第に勉強する意欲さえ
なくなっていきました。

結局5年間耐え続けましたが、
もう、限界でした。

私は

大好きだった教師を退職を
する決断をしました。

人生で初めて、
敷かれたレールから外れた瞬間でした。

「教師」になるという子どもの頃からの夢を
せっかく掴むことができたのに、

あろうことかそれを
自分自身で放棄してしまったのです。

学生時代の自分に辞めたことを伝えても、
絶対に信じてはくれないでしょう。

『一生教員として生きていく!』

そう信じて
疑わなかったくらいでしたから。

自分で決めた道を
踏み外してしまったことは、
今でも後悔しかありません。

ちゃんと教師の仕事を効率的にこなす
仕事術を身につけることができていれば、

ストレスで押しつぶされることなく
教師を続けることができたかもしれません。

退職してからしばらくは
次の仕事を探す気力さえ
起きませんでした。

ただ、働いていた分の時間が
まるごとできたので、
働いたときにできなかった
長期の旅行に行きまくりました。

働いていたときは
土日とも仕事をすることが
当たり前になっていたので、

1泊2日の旅行さえ行けず、
かろうじて年に数回、
日帰りで出かけること
くらいしかできませんでした。

今思えば、
かなり息抜きになりましたね。

5年間働き詰めだったので、
「今ぐらいいいよな。」
という気持ちで楽しみました。

そして、一通り息抜きを
終えた5月末頃に
ようやく始めた転職活動。

しかし、転職活動をするにも
資格もスキルも何もない

職場での実績があるわけでもない人間が
キャリアアップを目指すことは難しい…。

やっぱり教師からの転職は難しい

身に染みて痛感しました。

また教師に戻るしかないか…

でも、働き方がわかっていないから
戻ってもまた同じことを繰り返すのでは?

学生の頃はあんなに
教師の仕事に憧れをもっていたのに、

今は働くこと自体が
怖くなっていたのです。

そんな中で転職活動を続け、
8月のお盆が過ぎたあたりで
初めて1社の内定をもらうことができたのです。

今思えば、教師経験しかない私を
雇ってくれる会社を見つけたことは
本当に運がよかったと思います。

そして転職した新しい職場、新しい環境

教師の仕事しか知らない私にとっては
仕事の内容も、関わる人も
すべてが初めてばかりでした。

そこで私は、運命の出会いをしたのです。

私の人生を変える
恩師、Sさんとの出会いでした。

Sさんは、
私の2つ歳下。  

にも関わらず、20代前半で
自分で会社を立ち上げ、
既に会社の役員という
ポジションにいたのです。

高いビジネススキルを持ち合わせていて、
自分が持っていないものをすべて持っている
そんな人にも見えました。

もちろん仕事はめちゃくちゃデキます。

「なんでそんな考えがポンポン出てくるんだ??」
というくらいめちゃくちゃ論理的で確度の高い
思考を持ち合わせています。

本当に衝撃でした。

世の中にはこんなに凄い人がいるのか…!

私はSさんに弟子入りするような形で
徹底的にマインド、ノウハウのすべてを
指導してもらいました。

始めはSさんから課題が出されました。

目標設定や
何故、仕事がデキるようになりたいのか
を再認識するところからでした。

「え?こんなことからやるんですか?笑」

生意気なことを言った気がします。
今では基礎がどれだけ大切かわかります。

それが終わると
次はいよいよ実践編。

毎日連絡をとり、
自分の考え方や、やっていることについて
共有をし、フィードバックをもらいました。

1から順に学ぶため
確実に成長していることを
実感できました。

だからこそ、素直に言われたことを
毎日継続していきました。

そうして毎日やっていくと、
だんだんと要領よく
仕事をすることができていくんです!

働く度に自分の成長を実感することができて
以前と比べて嘘のように
毎日が楽しくなりました!

そして、本格的に学び始めてから
ちょうど2ヶ月が過ぎたころです。

とある会社の会議で
気になったことがあったので
質問をしました。

すると会議が終わった後に
Sさんが私のもとに近寄ってきて

「さっきの発言、
 みんなが上手くまとめられなかったことを
 綺麗に言語化してくれましたね!」

「あのまま進んでいたら、
 何も進展しないまま会議が終わっていました。」

「成長しましたね!!」

本当に0からの積み上げ
たった1回褒められただけでしたが、
すごく嬉しかったのを覚えています。

私が仕事がデキる人間に近づいた瞬間。

今でもあの瞬間を思い出すと、
涙がこぼれそうになります。

自分のスキルもマインドも
成長していることを実感していき
どんどん仕事が
楽しくなっていきました。

段々と
私1人で考え、
私1人で行動する
ことが
できるようになりました。

2時間かかっていた仕事を
1時間でできるような提案ができる。

伝えたいことが他の人に
すぐに伝えられるようになっている。

トラブルが起きたときに
何から対処すればいいか
論理的に判断できるようになっている。

こんな感覚は初めてです。

『誰かに支えられて成長する喜び』
私はSさんの元で学んだことによって、

これまで周りに相談することなく、

ただ1人で本や動画を観て
わかったつもりになっていた…

あの孤独で苦しい日々とも
サヨナラをしたのです。

そして、
仕事がデキる人間のスキルやマインドを
理解できるようになってきたある時、
とんでもないことが判明したのです。

それは…

この仕事術って、
教師の仕事でも

十分通用するじゃん!

本当に衝撃でした。

私はSさんに
教師の仕事でも通用する仕事術
知らず知らずに叩き込まれていたのです…!

この考えを教師のときに知っておけば、
どれだけ気持ちが楽だったことか…。

そうやって何度も思いました。

よく
「仕事量が教師の時より減って
 楽になっただけでしょ?」

と言われるのですが、
まったくそんなことはありません。

スタートアップなので大企業と違い、
入社してから十分な研修が
あるわけではなく、

すぐに即戦力として現場で
働かないといけません。

要は、教師と同じということです。

初任者研修はあるけれど、
同時並行で授業や担任業務、部活動指導など
ベテランの先生と同じ業務をしていますよね。

ですので、
仕事量は教師のときと大差はありません。

むしろ新しい環境なので慣れないことが多く、
高校3年生(受験生)の担任を
していたときよりも忙しいです。

それでも私はSさんから正しい仕事術
教えてもらうことができたので、
教員のときとは比べ物にならないほど
仕事がデキる人間になっていました。

仕事を効率的にこなし
なおかつ定時に帰ることが
可能になっていたのです。

早く帰ることができてからは
心に余裕が生まれ、
物事が冷静に判断
できるようになりました。

定時で帰宅して、
平日でも自分のための時間を
とることもできるようになりました。

教師のときの働き方と比べると
本当に信じられません。

平日に習い事をしたり、

録画したテレビを
観たりすることもできています。

はたまた、本を読んで
更に自分のスキルを
上げることができるので、
自分の成長が止まることはありません。

仕事がデキる私仕事がデキない私

両方を経験した私だからこそ
断言できることがあります。

今、教師を続けている人が
私と同じ仕事術を得ることができれば、

他の先生には真似できない
唯一無二のスーパー教師
なっていることでしょう。

✅わかりやすい授業で生徒の心を掴み、
 成績もグングン伸ばすことができる。

✅議論が進まない会議で革新的な
 アイデアを提案し、周りから一目置かれる。

✅職員室での事務仕事もそつなくこなし、
 周りから「◯◯先生は仕事が速いな~」
 と言われるように。

残業時間も最小限に抑え、
 平日は部活が終わったら
 職員室に戻らず帰宅。

✅土日に仕事を溜めることなく、
 スポーツや映画鑑賞など
 趣味にも没頭できる。

まさに仕事もプライベートも両立した
『デキる教師』そのものです。

そして、仕事で余裕が生まれれば
人生そのものにゆとりが生まれます。

学校の先生ならば、
自分自身の心の余裕を生むことは、
結果として子どもたちにとって
プラスになります。

自分の時間を犠牲にすることでしか、
まともな仕事はできない。

教師なんて全員そんなものだ。

教員時代の私は
大きな勘違いしていました。

正しい仕事術を身につければ、
忙しいと言われる教師も

自分の理想の働き方をすることができる

のだと。

私は、今も教師として
働いている方々を尊敬しています。

ただ、実際に学校現場で働いた経験や
教員をしている友人と話していて
思うことがあります。

それは、
普通に働いているだけでは

・仕事への向き合い方、
・同僚とのコミュニケーション、
・辛いときのマインドセット

こういう力が学べないな
と感じるのです。

「働きながら学べるじゃん」
と思うかもしれませんが、
限度があると思うんです。

現に私が教員時代では
上辺の知識しかなかったなあと
非常に反省をしています。

普通に働いるだけでは、

大勢のなかのイチ教員で終わってしまう
それは絶対に嫌だ

もちろん、
「別に普通に働ければそれでいいよ。」

「仕事ができても給料は増えないんだから
 頑張るだけ無駄でしょ。」

そう考えている人を否定したい
わけではありません。

そういう人たちがいるおかげで
学校現場が成り立っている部分もあるし、

その人たちにも
それぞれの幸せ
があります。

ただ単純に
「私とは違う価値観」というだけです。

一度しかない自分の人生、
教師として理想の働き方がしたい!
自分じゃないとできないことがしたい!

そうやって自分の理想を求める中で
失敗挫折をすることもあると思います。

当たり前です。
教科書に書いてないようなことに
挑戦していくのですから。

いつか成功したときに
その失敗が、
飲み会のネタになればいいんです。

どんなに仕事がデキる成功者でも
失敗挫折をしたことのない
人なんていません。

ただ失敗した姿を見せていないだけです。

だから私は
失敗しても、挫折しても
絶対に諦めません。

これまでのあなた自身の選択が
今のあなたを作っています。

今の現状に満足しているなら
無理に変える必要はないと思います。

ただ、ここまで読んでくれている
ということは、今のあなたは

少なからず現状の働き方に
不満があるということです。

あのとき○○していれば
よかったと後悔しても遅いのです。

迷うくらいならやってみる。
私はこれを心掛けています。

誰に何を言われようと
「自らが動こう!変わろう!」と
思わない限り、何も変わりません。

全ては自己責任
あなたの人生は
あなたしか変えることができません。

定年退職するときに
「あれもこれもやっておけばよかったなぁ」
「できないまま終わってしまったなぁ」
悲しい表情で退職するのか

「もうすべてやり切った!」
「最高の教員人生だった!」
笑顔で退職するのか

どちらを選ぶかも
今のあなた次第であるということは
理解してください。

ここから先は自由です。
一歩踏み出せば動き出します!

これを読んでいるあなたが
「やり切った」と笑顔
退職ができることを願っています。

私の人生の考え方は
たった1度の教員人生。
 成長に終わりはない。

せっかく教員になれたのに
・一生未熟者、成長できない
・年齢を重ねるにつれて周りから
 「お荷物」扱いされる

そんな教員人生でいいんですか?

私は絶対に嫌です。

あなたが今何歳でも関係ありません。

教師を続けているならば何度でも
やり直すことができます!

一度や二度失敗したくらいで
わめくのは早いです。笑

たった一度の教員人生
やりたいこと全部やって
最後は笑顔で終わるようにしましょう!

長くなりましたが
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

それでは!また!!!


P.S.

教師になるという
子どもの頃からの夢を
叶えたのにも関わらず

日々の雑務に忙殺され、
授業の準備や生徒と関わることに時間を
かけたいのにできない

理想の働き方を実現することが
できないことに耐えられず、
大好きだった教職を退職…

しかし、たまたま転職した会社で
教師でも使える仕事術を学び、

実践と成長を繰り返すことで
3ヶ月という期間で私の
5年間抱えていた悩みが吹き飛ぶくらい
仕事がデキる人間
になることができました。

今では仕事が大変な中でも
プライベートを犠牲にすることなく
効率的にこなすことができるようになり、

働きながらでもこのような
発信をすることが
できるようになりました。

私は特に実績があったわけでも
才能があるわけでもない凡人です。

それでも、
正しい方法で実践し、
的確な方向へと進むことで
自分の仕事観を改めることができたのです。

もっと早く気づいていれば、
大好きな教師を

辞めずに済んだのに…。

どれだけ嘆いても、
もう過去には戻れません。

今でさえ理想の働き方ができている私でも、
教師を辞めてしまったという過去の事実を
変えることはできません。

だったらせめて…

これを読んでいるあなたには
私と同じ思いは

してほしくありません。

私の願いは

大好きな教師の仕事を続けたいのに
効率のいい働き方が

できずに辞めてしまう

そんな人を1人でも多く減らすことです。

あなたには
過去の私と同じような思いは
してほしくありません。

このブログも
私が経験したことや
学んだことを記録に残し、

「夢だった教師になることができたが、
多忙すぎて仕事が回らない。」

「仕事が回らないのは、
 自分の働き方が悪いことが原因?」

と不安を感じている

そんな若手の先生に
情報提供ができればと思い、
始めました。

このブログを通して、
あなたの困っていること、
悩んでいることが少しでも
解決することができれば嬉しいです。

もし、下の項目に
2つ以上当てはまる人がいたら
私の公式LINEに登録してみてください。

✅残業が多く、土日も出勤している人
✅独学に限界を感じている人
✅溜まりまくった雑務を片付けたい人
✅自分の時間、大切な人との
 時間がもっと欲しい人
✅教師以外の仕事を経験したことがない人
✅教師でも使える会社員の
 仕事術を身に着けたい人
✅働きながら自分の成長を感じたい人
✅子どもと関わることや
 授業することが好きな人
✅辛いことがあっても
 学校の先生を続けたい人

正しい情報を受け取って
実践することができれば、
誰でも自分の理想の働き方を
実現することができます。

私は何も特別なことをしていません。
コツコツと勉強してきただけです。

自分に必要な知識を得て、
『仕事がデキる』教師へと近づいてください!

これがそのはじめの1歩です。

※タップすると、公式LINEが追加されます。
※個人情報はわからないようになっています。
※公式LINEの登録は無料です。
※今なら登録者限定の無料プレゼントがあります。

また、LINE登録者のみ
今だけ限定の
『無料相談』を行っています。

  • 授業の準備や生徒と関わることに
    時間をかけたい!
  • 仕事がデキる人の
    ノウハウやマインドを知りたい!
  • 大好きな教師の仕事を続けたい!

しかし、
何から始めればいいか
わからない、、、

そんな人のために
私が学び、実践してきたことを
惜しみなくお伝えします。

公式LINE限定の
情報も多くありますので
もっと成長したいという方は
登録してください。

ぺぬいの公式LINEはこちらです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

※個人情報はわからないようになっています。

目次