WordPressのfunctions.phpとは?編集するための場所を徹底解説!

PHP

こんにちは!ぺぬいです。

WordPressについて調べていると、よく目にするファイル名がありますよね。たとえば、「functions.php」です。

「functions.phpに書けばOK」といった解説をよく見かけますが、そもそもこのfunctions.phpとはどんなものかご存知ですか?

今回は、functions.phpとは何か、そしてどこにあるのかについて解説していきます。

functions.phpを理解することで、WordPressのカスタマイズの幅が広がります。これを機に、しっかりと覚えましょう!

この記事はこんな人におすすめ
  • functions.phpが何か全然わからない…
  • functions.phpを編集したいけど、どこにあるのかわからない!

(スポンサーリンク)

目次

functions.phpとは?

そもそもfunctions.phpってどんなファイルなのか、まずはそこから抑えていきましょう。

functions.phpは、WordPressのテーマに必須のファイルの1つです。

名前の通り、PHPを書くことを目的にしています。

テーマの基幹を担っているファイル

言い換えた説明

functions.php ファイルには、そのテーマ全体で利用される汎用的なコードが書かれています。

このファイルでは、関数の定義やショートコードの準備など、WordPressの運用に必要なコードを記述することができます。

その影響はテーマに留まらず、管理画面の設定などにも及びます。

そのため、functions.php をカスタマイズする際に間違えると、WordPress全体にエラーが発生する可能性があります。

編集する際はバックアップを取るなど、慎重に取り扱う必要がある重要なファイルであることを覚えておきましょう。

どんなことができる?

functions.phpを編集することで、テーマ内で使う関数の定義や管理画面の設定を行うことができます。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

①テーマ内

  • ショートコードの定義: 例えば、特定のコンテンツを簡単に挿入できるようにする。
  • 使いまわしたい処理の定義: 例えば、ページネーションなどの汎用的な機能を実装する。

②管理画面

  • 記事投稿画面のカスタマイズ: 投稿画面に独自のフィールドや機能を追加する。
  • 権限ごとに許可される行動のカスタマイズ: ユーザーの役割に応じて、管理画面での操作権限を制御する。

このように、functions.phpを編集することで、テーマの機能拡張や管理画面のカスタマイズが可能になります。

functions.phpの場所

色々活用方法があるfunctions.php、どこにあるファイルなのでしょうか?

編集できる場所も含めて、解説していきましょう!

まずは、WordPressの管理画面を開きましょう。

管理画面から編集を行なうことも可能です。

サイドバーの外観の中にあるテーマの編集をクリックしましょう

PHP

すると、下記のようなファイルの一覧と編集画面が一緒になった画面が表示されます。

PHP

ここで右サイドバーを探せば、functions.phpが見つかります。
真ん中の入力エリアを使って、編集を行なうことも可能です。

PHP

まとめ

いかがでしたか?

functions.phpが便利であり、非常に重要なファイルであることがお分かりいただけたでしょうか。

初めてカスタマイズするときはエラーが多発するかもしれません。

そんな時こそ、一旦深呼吸して落ち着きましょう。

エラーの原因は必ずあります。

そして、見つけられなかったとしても、バックアップさえ取っておけば安心です。

ぜひカスタマイズに挑戦して、より便利にWordPressを活用してみてください!

パスワード付きブログは

公式LINE登録者限定!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次